地域との交流

 
リハビリ専門職について
 
 当法人では、いままで2名のリハビリ専門職員が在籍しており、利用者様の身体状況に応じたリハビリの提供を行ってまいりました。この度、言語聴覚士が入職され、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の3職種が揃い、今後も利用者様や地域の皆様へリハビリテーションの提供をさせて頂きます。
理学療法士、作業療法士、言語聴覚士
理学療法(Physical Therapy)とは
 検査・測定・評価に基づき、何らかの疾病、傷害(スポーツを含む)などに起因する機能・形態障害に対し、運動療法による筋力・関節可動域・協調性といった身体機能の改善、および温熱・水・光線・電気などの物理療法による疼痛・循環などの改善を図る治療科学です。また能力障害が残ったとき、基本的動作や日常生活活動を改善するための指導、そして社会生活を送る上で不利な要素を少なくするための福祉用具の選定や住宅改修・環境調整、在宅ケアなどが含まれます。近年では、生活習慣病の予防・コントロール、障害予防も理学療法の対象になっています。
(公社)日本理学療法士協会 より
作業療法(Occupational Therapy)とは
 身体または精神に障害のある者、またはそれが予測されるものに対してその主体的な生活の獲得をはかるため、諸機能の回復・維持および開発を促す作業活動を用いて行う治療、訓練、指導および援助をいいます。
(一社)日本作業療法士協会・定義 より
言語療法(speech and language therapy)とは
  ことばによるコミュニケーションには言語、聴覚、発声・発音、認知などの各機能が関係していますが、病気や交通事故、発達上の問題などでこのような機能が損なわれることがあります。言語聴覚士はことばによるコミュニケーションに問題がある方に専門的サービスを提供し、自分らしい生活を構築できるよう支援する専門職です。また、摂食・嚥下の問題にも専門的に対応します。
(一社)日本言語聴覚士協会より